会社売却で自社を新たに生まれ変わらせる|注目されるリロケーション

倒産への対策方法

オフィス

長年の不景気により、会社の経営がうまく行かないという会社は多くあります。提供する商品やサービスによって利益を得たとしても、会社の経営ではたくさんのコストが掛かりますから、黒字を出し続けるのは難しいものなのです。もしも経営が赤字続きで、抱えこんだ負債を返済するあてが全くないという状況であれば、思い切って会社売却の手段に出ることも考えられます。建物などの任意売却とは異なり、会社売却は事業ごと他社に譲渡をすることを意味します。これは事業譲渡といい、複数の子会社で異なる事業を行なっている場合、事業ごとに売却を行なうことができる方法です。事業譲渡に対して、株式譲渡では一定の株式を購入希望している会社に売却する方法です。株主は会社の経営方針にも意見することができるので、実質会社全体を売りに出すことと同じ状態となります。株式を売却すると、株主から社長が経営権を剥奪されることもありますが、株式譲渡では譲渡代金を社長が受け取ることができるというメリットがあります。

会社を運営しているのは社長個人だけではなく、役員や実際に業務に当たっていたたくさんの社員も同じです。会社が倒産すれば、会社で働いていたたくさんの社員を路頭に迷わせることに繋がります。経営に先行きが見えないという人や、後継者が見つからないと言う人であれば、会社売却も倒産への対策として視野に入れるべきでしょう。しかしながら、いままで大きくしていた会社を手放すわけですから、どんな会社に売り渡してもよいというわけにはいきません。売却するならば、こちらにとってより有利な条件で会社を売り渡したいとだれもが考えるでしょう。会社売却についてのアドバイスは、M&Aに詳しいコンサルタント会社に依頼ができます。詳しい話を聞いて、よりよい条件で買ってくれる会社を探しましょう。

空き家の有効活用

長期でマイホームを空ける場合、利用できるのがリロケーションの制度です。第三者に空き家を貸すことができるので、管理会社を利用せずに家の管理を行なうことができます。定期借家法によって借り主が家に居座ることもできないので、安心して制度を利用できます。

もっと読む

レンタルで収益が得られる

賃貸物件を購入する場合、駐車場の有無は建物の魅力を左右する要素となります。価格だけでなく、駐車場の有無もしっかりと確認しましょう。また、あまりにも物件が古く使いものにならない場合、建物を取り壊してレンタル駐車場を施工する方法も行なえます。

もっと読む

負担なく投資ができる

みんなで大家さんは、通常の不動産投資のように高額なローンを組まずに投資を行なうことができます。一口100万で出資することができるので、費用の負担なく投資による収入を得ることができます。

もっと読む